20代、ワイシャツ選びの5つポイント。

20080423-セシールのワイシャツ
ワイシャツを選ぶとき、どういうワイシャツを選ぶとかっこよく見えるのかというのを我が家の夫さんで実験してみました。
ワイシャツと言ってもどれも同じように見えますが、毎日身につけるものであったりするので、自宅でも洗濯してアイロンの手間がかからないということを考えると、形態安定のものがよさそうだと思いました。
私が彼のワイシャツ選びに特に注目したポイントは以下の順です。
(1) サイズ
(2) デザイン
(3) 素材
(4) 柄・色
(5) 洗濯・アイロンのしやすさ
夫さんは、がっしりした体型ではなく、横から見ると薄っぺらく華奢な感じなので、服装一つで可哀想なイメージになります。見ているだけで頼りなさそうなイメージが漂うので、そんな彼をかっこよく見せるためのワイシャツ選びのポイントを考えた。


まず、サイズですが、彼が自分の服を選ぶときジーンズでも、Tシャツでも必ず自分の体よりも大きいサイズを選ぶ傾向があります。
でも、だぼっとしたサイズの服を着ると、細い体型がよけい細く頼りなく見える気がします。
彼は必ず肩幅が自分の肩幅より大きいものを選びますが、自分の肩幅と同じくらいがとてもきれいに見えます。また、裄丈もぴったりがしゃきっとしていて、綺麗。
着心地の面で、気持ち悪くなるので、首回りは「すこしゆとりがあるものがいい」そうです。
20080423-セシールの形態安定シャツ
どれも同じように見えるワイシャツでも、よくよく見ていると、細かい凝ったデザイン。
襟の形(ボタンダウンなど)、ポケットの有無や位置、ボタンの付き方、タックの有無や位置などちょっとしたデザインでも客観的にみるとがらっとイメージが違って見えます。
また素材ですが、綿100%のものやポリエステルを含むものなど、素材によっても見た目のイメージは変わります。
これは着心地や季節によって自分の好みに合わせるのがよさそうだと思いました。
上の写真の白いワイシャツは、綿100%ですが、ブルーのストライプのワイシャツはポリエステル65%綿35%で軽くて涼しい感じ。
20080423-セシールの形態安定シャツ
柄があるものや、ホワイト、ブルー、イエロー、ピンクなどよく見る色も大きなポイント。
わたしは白か薄いピンクが好印象に見えます。
ワイシャツは爽やかなイメージが私の中ではあるので、しわのないホワイトのワイシャツは魅力的だと思います。しかし、今回はわたしの夫さんには、白地にブルーの縦ストライプのワイシャツをチョイス。
肌の色や、合わせる服装に合わせてみると、このワイシャツが一番きれいに見えたから。
ワイシャツの生地を拡大して写真を撮影してみると、細いラインが3本集まっているので、全体的に薄いブルーのようなイメージになります。
無地ブルーのワイシャツとは違った印象のさわやかさがあり日焼けした肌にとてもよく合っていて、顔がきれいに見えます。
最後に、洗濯やアイロンのしやすさですが、彼が自分自身でワイシャツを洗って着ようと思ったとき、洗濯に関してはボタンひとつでなんとかできて干すことまではできます。
しかし、アイロンがけとなるととても嫌がるので、形態安定のものがよいと思いました。
少し心配ですが、アイロンをしなくてもなんとか大丈夫、アイロンがうまく出来なくても、なんとかカバーできることを考えると、形態安定シャツは便利だと思いますヨ。
20080505-ワイシャツ着用イメージ
追記:彼がワイシャツを普段着に着ていました。(上の写真参照)
よくよく見るとなんだか全体的にこんもりとしているように見えませんか?
私も(なんだろう????)と思ってよく見てみると・・・。
なんと!!ワイシャツの下にトレーナーを着用していた!!なぜだ!?

Amazonプライム入会はこちら▼

関連キーワード

公開日:

この記事を書いた人・サイト運営者
もかり もかり(
30代、京都在住の娘2人の母。人柄が「昆布みたい」と大絶賛されたことがあるハンサムとお笑いとお寿司と自然と動物が好きなオカンです。⇒プロフィールはこちら

Google+