ローカロ生活「ラーコン(しょうゆ わかめ付)」の感想

ローカロ生活「ラーコン」しょうゆ味
ローカロ生活のラーコンは、人気の商品のよう。
ラーコンはおそらく、「ラーメン」と「こんにゃく」をもじった商品名だと思いますが、はじめ「ラーコン」というのをみて、何だろう?と思った記憶があります。
商品の見た目は確かにラーメンのようなのですが、ラーメンとこんにゃくの組み合わせがどういうものなのか想像できなかったので、食べるのがとても楽しみでした。

ラーコン(しょうゆ わかめ付)
1食 85kcal/1袋 麺 150g
スープ 30g、海藻 1g、スパイス 0.3g

ローカロ生活「ラーコン」の作り方

ローカロ生活の他の商品と比べて、少し作るのには手間がかかる気もしましたが、インスタントラーメンを作る感覚で簡単に作ることができました。
サイトで記載されているラーコンの作り方を参考に、私もラーコンを作ってみました。

(1) 添付の海藻を、水の入った容器に十分にひたしておいて下さい。(2分程度)
(2) 麺をざるに出して、熱湯で鍋又はざるを使い、麺をよく温めて下さい。
(3) 容器に添付のラーメンスープを入れてから、熱湯250ccを加え、麺を入れて十分にかき混ぜて下さい。
(4) 最後に水で戻しておいた海藻を麺の上にのせてお召し上がりください。
※ お好みにより、添付のスパイスや、ねぎなどの野菜を入れると一掃おいしく頂けます。

ラーコンの麺を開封した瞬間、こんにゃく独特の香りがします。
(おぅうう)と思いますが、熱湯で温めるとその匂いはなくなります。

かやくは海藻が入っていますが、物足りない感じなのでわたしは、ネギをのせたり胡麻をちょっとかけてみたりしました。(なぜかトマトとしめじものせてみました)
添付のスパイスは、こしょうのような香りがするので、好みでかけてみました。

ローカロ生活「ラーコン」を作った

さて、作ってみました。私はよく説明書を読まないですが今回はちゃんと読みました。
ローカロ生活「ラーコン(しょうゆ わかめ付)」の感想。
写真:作り方(2)の麺をよく温めたところ。
ローカロ生活「ラーコン(しょうゆ わかめ付)」の感想。
写真:作り方(3) 容器に添付のラーメンスープを入れたところ(しょうゆベースのものとあぶらっぽいものがはいっていました)
ローカロ生活「ラーコン(しょうゆ わかめ付)」の感想。
写真:かやく(海藻)をのせてみる。(何か物足りない・・・)
ローカロ生活「ラーコン(しょうゆ わかめ付)」の感想。
写真:さらにネギやトマトやしめじをのせて見た目をかわいらしくしてみました。
もやしをのせてもよかったなあ。と思いました。ゴマはきらしていました。

ローカロ生活「ラーコン」を食べた感想

食べた感想は、やっぱり普通のラーメンとくらべてはしまいますが、スープがしょうゆ味のラーメンと変わりないので、頭ではラーメンを食べている感覚がします。ただ麺がどうしてもちょっときゅっきゅといった糸コンを食べているような感じがあり、初めは「・・・」ですが、美味しいです。
ヘルシーだなと思います。カロリーも、ラーコンだけだと、85kcalですが、
具をのせたので100Kcalくらいだと思います。
1食100Kcalに置き換えられたと思うと、すごいですよね。
美味しい美味しいとは聞いていましたが、私は味音痴みたいなので、今回このラーコンをラーメン好きで味にはうるさい夫さんに食べてもらって、感想を聞いたら、「美味しいよ!」と言っていたので美味しいのだと思いました。
ラーコン(しょうゆ わかめ付)
1食 85kcal
1袋 麺 150g、スープ 30g、海藻 1g、スパイス 0.3g
原材料:
「こんにゃく麺」 米、こんにゃく粉(群馬県産)、凝固剤、カロテン色素、酸化防止剤(ローズマリー抽出物)
「スープ」 しょうゆ、豚脂、ポークエキス、食塩、植物油脂、発酵調味料、香辛料、野菜エキス、たんぱく加水分解物、調味料(アミノ酸等)、酒精、カラメル色素(原材料の一部に小麦、鶏肉、いか、えび、さけ、さば、ゼラチンを含む)
「海藻」 わかめ、食塩 スパイス:こしょう、米、澱粉

Amazonプライム入会はこちら▼

関連キーワード

公開日:2008年05月24日
更新日:

この記事を書いた人・サイト運営者
もかり もかり(
30代、京都在住の娘2人の母。人柄が「昆布みたい」と大絶賛されたことがあるハンサムとお笑いとお寿司と自然と動物が好きなオカンです。⇒プロフィールはこちら

Google+