広島の職人技化粧筆(メイクブラシ)熊野筆が気になる

20080918-2 広島の職人技化粧筆(メイクブラシ)「熊野筆」が気になる。
広島に旅行した際、お土産にと持たせてもらった広島の熊野筆(くまのふで)という化粧筆(メイクブラシ)があります。
最近、ミネラルファンデーションの楽しみをオレンジスカイさんのブログを見ていて興味をもち、デビューしたばかり。筆にもこだわるとまたニュアンスも変わってくるのかなあと思っていました。
その時たまたま出会ったのがこの熊野筆。
名前さえ知らなかったのですが、広島では有名だそう。
熊野筆って何?と思い調べてみると、伝統工芸品なんだそうですね。
広島駅でも熊野筆を販売しているコーナーを目にしました。
このメイクブラシは、晃祐堂さんのもの。
検索すると、熊野筆の丹精堂さんが引っかかるので、そちらでいろいろとお勉強をさせてもらいました。


はじめて購入したメイベリン ニューヨークについていたメイクブラシはちくちくします。
この筆はとても毛が柔らかく気持ちがいいです。
熊野筆の丹精堂さんのページで素人の方が化粧ブラシを選ぶポイントは、
(1)肌触りのよさ
(2)ちゃんとした大きさを選ぶこと
だそうです。
お手入れのポイントは清潔に保つことというのをよく目にしました。(これ見なかったらたぶんお手入れしなかった)
化粧ブラシひとつにしても、なるほどなーと思ったのはオレンジスカイさんのブラシに関するレビュー。人工毛と獣毛の比較が参考になりました。
【オンリーミネラル】ブラシの使用感想(全種類):オレンジスカイの興味津々
++

丹精堂さんの化粧筆に名入れ無料のサービスがついている楽天市場のショップこだわりの筆匠 北斗園というショップがあり、化粧筆に名前を入れてもらえるサービスもあるのを知ります。
あと、洗顔筆って気になりませんか?
お髭そりの時みたいな感触なんでしょうか。使ってみたいですね。
●参考サイト
熊野筆 – Wikipedia
熊野筆のホームページへようこそ

関連カテゴリーはこちら
メイクアイテム
この記事を書いた人・サイト運営者
もかり

もかり(
30代、京都在住の娘2人の母。人柄が「昆布みたい」と大絶賛されたことがあるハンサムとお笑いとお寿司と自然と動物が好きなオカンです。
プロフィールはこちら

Google+
公開日: