SOU・SOU(そう・そう)の足袋下をはじめて購入

20081004-3 SOU・SOU(そう・そう)の足袋下を2足購入。
京都の京極のショップに行ったときに購入した、SOU・SOU(そう・そう)の足袋下。お値段は2足で1050円でした。
写真をみてわかるように、靴下ですが足袋のように、先が2つにわかれています。
これを見て連想するのはおじいちゃんの作業用靴下で、ホワイトに足先がグレーの素朴なデザインを思い出します。
そのちょっとさみしかったなじみのある靴下が粋になったものだと、はじめて商品を見たとき思いました(※)。
こちらはメンズの商品ですが、レディースもキッズもあります。


20081004-4 SOU・SOU(そう・そう)の足袋下を2足購入。
テキスタイルデザイナーの脇阪克二(わきさかかつじ)さんデザイン。
脇阪克二さんといえば、有名なデザイナーです。
20081004-5 SOU・SOU(そう・そう)の足袋下を2足購入。
これは、夫が試着している写真。
いつもは無地の靴下をはいていますが、粋でいいですね。
SOU・SOUでしか販売していない商品は、SOU・SOU netshopで。
京都には、店舗もあるので、お店で見たりできます。
<関連記事>
京極のSOU・SOU(そう・そう)に足袋下を買いに行く

関連カテゴリーはこちら
靴・シューズ

関連記事

関連キーワード

公開日:2008年10月05日
更新日:
この記事を書いた人・サイト運営者
もかり

もかり(
30代、京都在住の娘2人の母。人柄が「昆布みたい」と大絶賛されたことがあるハンサムとお笑いとお寿司と自然と動物が好きなオカンです。
プロフィールはこちら

Google+