ほぼ日手帳(2009年)を買いました

20081108-1 「ほぼ日手帳(2009年)を買いました」ほぼ日刊イトイ新聞
2009年版のほぼ日手帳をWeb(ほぼ日ストア)で申し込んだものが先日届きました。
今回はカバーは購入しなくて本体とアドレス帳を注文。去年はブラウンの箱に入ってきたのですが今年はグレーの箱でした。

はじめてほぼ日手帳を使い始めたのが2008年だったので、今年で2年目になります。はじめて買った時よりかはテンションは高くないんですが、かなり気分が浮かれているのは事実です。


20081108 「ほぼ日手帳(2009年)を買いました」ほぼ日刊イトイ新聞

2008年の手帳を使い始めようと思った時かなりやる気だったのですが、残念なことに、気づいた時には娘(4歳)のお絵かき帳になっていた、2008年MYほぼ日手帳・・・。購入したのが10月くらいで、到着して1週間後には今頃まで娘が書きこんだなぞの予定がぎっしりでした…orz(2016年追記:当時はとても嫌がっていましたが、今ではとても良い思い出になってます)

それでもへこたれないであいてるちょっとしたスペースに予定を書いていたのですが、今年はもうそんな失敗はしないぞ。
ほぼ日手帳はゲットできました。
ほぼ日手帳の使い道は私にとっては「ネタ帳」。
ただネタ帳だけだとはっきり言って予定の管理が甘くなってしまうのです。

今年はあと一冊手帳を持つことにしました。と言っても、携帯でもPCのツールでも予定をいろいろ入れてるんだけど、携帯は子どものことと家族の用事などに使っていて、パソコンはパソコン関連だけの予定だったりします。

ほぼ日ストアで買ったもの

本体、ほぼ日のアドレス帳 のふたつ。
ほぼ日ストア特典で「ボールペン、メモ帳、旧暦のしおり、しりあがり寿さんのしおり」のセットがついています。ちなみに月曜はじまり版を購入。

ほぼ日手帳は予定表というより、書くスペースが多いのでアイデアや構想を時系列で記載しているネタ帳(とおまけで予定)として使っていたのですが、今年は予定と構想を分けようと思っているので、どれにしようかなと思っていたのですがわだぶろぐのこの記事を読んでいて、参考記事:和田さんが使っているらしいフランクリン・プランナーを買おうかなと思ってます。

関連カテゴリーはこちら
文房具/手帳/雑貨

関連記事

関連キーワード

公開日:2008年11月08日
更新日:
この記事を書いた人・サイト運営者
もかり

もかり(
30代、京都在住の娘2人の母。人柄が「昆布みたい」と大絶賛されたことがあるハンサムとお笑いとお寿司と自然と動物が好きなオカンです。
プロフィールはこちら

Google+