第5回 使用済み布ナプキンを自分で洗う

20090127-1 第5回「使用済み布ナプキンを自分で洗う」
布ナプキンを使う事には成功。ただ、ひとつ「おったまげたこと」があったと記事の最後で書きました。そのおったまげたことというのは、「黒い布ナプキンっていいな~。汚れがそんなにわからなくていいな~。」と、言っていたところとちょっと関係がありました。
雑貨屋ieさんのオリジナルナプキン「ienap」は
汚れが目立ちにくく、布ナプキンはランジェリーのひとつというコンセプト」です。
生理の状態をチェックしたい人には、黒いパッドのほかに白いパッドがあり、対応されていますが、わたしは黒のホルダーと黒のパッドが気にいって使っていたので、洗うときになるまで気づかなかったことがあります。


専用の浸け置きボトルに使用済みパッドを入れてふたをしてトイレに置いていました。
ボトルもブラウンで一見して中身がわからなかったし、蓋をあけて中に使ったパッドを入れているときもパッドも黒だったので全く気付かなかったんです。
黒いパッドがなくなって白いパッドを使い、それを浸け置きボトルに入れた時、驚いた。
浸け置きボトルの中の水が赤い水でした。
何を勘違いしていたのか、透明な水が入っていると思っていましたが、
つけ置きしたら、その中の水に血液が出てくるのは当たり前でした。
しかしわたしはこれに一番おったまげて、トイレの中で、「うわあああ!!!」と叫びました。
夫さんと娘が、トイレに駆けつけたんですが、つけ置きボトルの水をたらしているトイレを見て、
「と、と、吐血したの?」
と聞いてきましたが、
「違うねん!生理やねん!」というと「ナーンダ。」って言われました。
まあ確かにその反応は間違ってなくて、ナーンダ。な感じです。
一瞬「教えてよ!」とさえ思ったんですが、あまりにも当たり前すぎることだったことにすぐに気付きました。とりあえず、浸け置きボトルの中の水は赤いぞ。というのが今回覚えたことのひとつです。もう次からは、トイレの中で叫びません。
20090127-2 第5回「使用済み布ナプキンを自分で洗う」
さて、この記事に掲載している写真は、実際に使った布ナプキンたちで、白いパッドにも血液はついていたのですが、別に大丈夫ですよね?また、チェックのホルダーには、血液が染み出してしまって汚したなあ・・・と思ったのに、洗濯機で洗ったら元に戻ってました。
関連記事:第4回「布ナプキンを使った感想。意外とすんなりとはじめられました。」
関連レビュー:布ナプキンを洗っている人たち
【簡単】布ナプキン、洗濯の仕方(浸け置き⇒洗濯機)
【布ナプ】使用⇒洗濯⇒また使用
通販はこちら>>> シックな布ナプキン「ienap」
◎シックな布ナプキンのお店「イエ」(雑貨屋ie)◎
※追記:
「うわあああ!!!」と叫んだのはうそです。本当は「うおおおおお!!!」です。

Amazonプライム入会はこちら▼

関連キーワード

公開日:

この記事を書いた人・サイト運営者
もかり もかり(
30代、京都在住の娘2人の母。人柄が「昆布みたい」と大絶賛されたことがあるハンサムとお笑いとお寿司と自然と動物が好きなオカンです。⇒プロフィールはこちら

Google+