京都SOU・SOUに足袋下を買いに行く

本日は、京都のSOU・SOU(そう・そう)に、足袋下を買いに行きます。

20100111-1 SOU・SOU(そう・そう)に足袋下を買いに行く

なぜよく行くかというと、眺めているのが楽しいことと、靴下(足袋下)はよく使うものであるので、買い足そうと思って見に行ってしまうのかもしれませんね。私が普段よく眺めているのが、靴下の様な足袋。
日本一の靴下生産量を誇る奈良県の大和高田市で生産されているのだそうです。
SOU・SOU(そう・そう)は、モダンデザインをコンセプトに、オリジナルのテキスタイルを作成し、地下足袋や和服などを製作・販売している、京都のブランドです。

今回はプレゼントに

20100111-2 SOU・SOU(そう・そう)に足袋下を買いに行く

足袋下は、普段使いに最適で、私も使っていますが、丈夫で長持ち。
カラフルな色の足袋下なんかも、色が褪せることなくカラフルなままなのがうれしいです。

今回は京都には住んでいないけれど京都が気に入っている親しい友人へのプレゼント。
お店で簡単にプレゼント用にしてもらいました。(かっこいいシールとリボンがついた)

京都には近くにいろいろなショップが

20100111 SOU・SOU(そう・そう)に足袋下を買いに行く。2

店舗は、京都に5店舗あり、それぞれ違うアイテムを販売しています。私がよく行くのは、靴下と靴を売っているお店「SOU・SOU 足袋」。写真は、その近くにある「SOU・SOU 着衣」。
京都の新京極商店街の側、裏寺にお店が集まっています。また、関東にも2店舗あるそうです。ネット通販も行っているようです。

SOU・SOU 足袋 京都店
京都市中京区新京極通四条上ル二筋目東入ル二軒目P-91ビル1F

SOU・SOU 着衣
京都市中京区新京極通四条上ル中之町583-6
SOU・SOU 足袋で、お買い物した後は、近くのとみ寿司さんでお寿司食べてました。
京都「とみ寿司」で、江戸前にぎり寿司を家族で食べる。

<参考/関連サイト>
SOU・SOUでしか販売していない商品は、SOU・SOU netshopで。京都には、店舗もあるので、お店で見たりできます。

<サイト内関連記事>
SOU・SOU(そう・そう)に足袋下を買いに行く。
SOU・SOU(そう・そう)の足袋下(くつした)を2足購入。

ベルメゾンのマンスリークラブでも、SOU・SOUとのコラボアイテムが登場しています。
こちらも日用品なのでよく売れています。

ベルメゾンネット

Amazonプライム入会はこちら▼

関連キーワード

公開日:2010年01月11日
更新日:

この記事を書いた人・サイト運営者
もかり もかり(
30代、京都在住の娘2人の母。人柄が「昆布みたい」と大絶賛されたことがあるハンサムとお笑いとお寿司と自然と動物が好きなオカンです。⇒プロフィールはこちら

Google+