コンパクトダウンはこんなにコンパクトに。防災グッズに入れておくのも良い

20101024-4 コンパクトダウンをコンパクトにしている様子
ニッセンのコンパクトダウンについて続き。
コンパクトと言われている理由はきっと、コンパクトになることかと思います。
ということで、商品についていた説明書きを見ながら、コンパクトにしてみました。
ただ・・・、それだけの記事です(‘ε’)
ニッセンのコンパクトダウンには、ダウンジャケットの記事と同じ色(または柄)の収納するための袋が付いており、その収納袋におさめておけるようになっています。
ダウンを収納した袋の大きさはわたしの太ももくらいの太さです。
重さは自宅で計ってみたら、300グラムくらいでした。軽いです。

コンパクトダウンPOCKETABLE

20101024-5 コンパクトダウンをコンパクトにしている様子
コンパクトにするための手順は、3ステップ。
(1)衿幅にあわせて折りたたむ
(2)空気を抜きながらまるめる
(3)袋に入れる
わたしにとっては、特にむずかしいことは、課せられていませんでした。

丸めます

20101024-6 コンパクトダウンをコンパクトにしている様子
衿幅にあわせて折りたたんだ後、くるくると丸めます。
すぐに丸めることができるので、カンタン。

袋に入れてみます

20101024-7 コンパクトダウンをコンパクトにしてみた
丸めたものを、専用の袋に入れてみました。
ゆとりがあるので、袋はもうちょっと小さなものに入れても大丈夫そうです。
(もっと小さくなれる気がします)

こんなことが起こりました

20101024-8 コンパクトダウンをコンパクトにしてみた
袋のひもを絞ったら、何か中のほうから素材が、ドワッっと出てきました。
ちょっと、イメージダウンですー!というか、笑ってしまいました。

付属の袋はそれほど気合が入っていないような感じでしたが、袋に入れて防災グッズの中に入れておいたりできるので便利ですね。

関連カテゴリーはこちら
ファッション通販

関連記事

関連キーワード

公開日:2010年10月24日
更新日:
この記事を書いた人・サイト運営者
もかり

もかり(
30代、京都在住の娘2人の母。人柄が「昆布みたい」と大絶賛されたことがあるハンサムとお笑いとお寿司と自然と動物が好きなオカンです。
プロフィールはこちら

Google+