書籍「きれいをつくるおっぱい体操」(神藤多喜子 著)の感想

ある日、SNSを眺めていると、おっぱい体操の動画が話題になっていました。

書籍きれいをつくるおっぱい体操の表紙

私は、おっぱいの大きさには、人より多めの劣等感を抱きながら思春期などを過ごしましたが、出産後はもはや諦めモード。

一度でいいから胸が揺れたりしてみたいなあとは思います。
おっぱい体操は、少しアダルトな内容なのかと警戒しながら、興味本位で見ました。
見てみると、明るい気分になるし、何かおっぱいが大きくなったような気がしたので「ちょっとこれをやってみよう!」と思い、おっぱい体操の神藤 多喜子先生の書籍を買ってみました。
本のタイトルは「きれいをつくるおっぱい体操」。池田書店から、2010年6月25日に出版された書籍です。

おっぱい体操はテレビで紹介されました。
Amazonや楽天ブックスでも、テレビをみて知った方のレビューが投稿されています。

おっぱい体操とは何なのか?

20110811-2 書籍「きれいをつくるおっぱい体操」(神藤 多喜子 著)を買った
(書籍「きれいをつくるおっぱい体操」の目次)
書籍にはおっぱい体操のことばかり(やり方など)が書かれているのかと思ったのですが、おっぱいにまつわる話から、女性の健康に関する内容でした。
本を読んだあと、わたしは、女性の方に向けて神藤さんから、おっぱい体操をきっかけに、自分や体を大事にしてネ。と、いった願いのようなあたたかいものを感じたような気がします。
楽天の書籍のレビューでは、30代の女性の方のクチコミが多かったと思うのですが、私も30代を区切りに体の不調を感じたり、何か前とは違うような得体の知れない不安のようなものを感じていたのですが、書籍を読んで、じとっとした部分を明るくしてもらえたような気もしました。
妹や娘にも、女性の健康や美容について知識をつけるきっかけに、すすめたい内容だと感じました。

書籍「きれいをつくるおっぱい体操」の感想

20110811-3 書籍「きれいをつくるおっぱい体操」(神藤 多喜子 著)を買った
(書籍「きれいをつくるおっぱい体操」の目次)
出版社の書籍ページはコチラ⇒きれいをつくる おっぱい体操|株式会社 池田書店

おっぱい体操と聞くと、何となく愉快な気分になってきました。
はじめ話題になっているときは、その親しみのある感じからふざけた内容なのかと思いましたが、楽しそうな雰囲気で、、興味深い内容でした。胸には諦めを感じていたので、自分の胸に無頓着になっていたのに、こういうことをきっかけに、ケアを意識するところが、まだ自分の胸を完璧に諦めていなかった証拠かもしれません。
書籍では、おっぱい体操のやり方がイラストと文章で説明されていますが、ちょっとわかりにくいかもしれません。自分で自宅で学んでやるなら、DVDもよさそうだと思いましたが、今回は書籍しか買っていません。実際にどういったことをやるのかというのを知りたい場合は、動画サイトでおっぱい体操を検索してみてください。
(検索して、他のアダルトな内容が引っかかったらごめんなさい。><)
インターネットのニュースサイトでも、ちょっと話題になっていたりしました。
「おっぱい揺らし」で女子力アップ? 話題騒然の「おっぱい体操」 – Ameba News

美容やきれいのためにも、取り入れてみようかなと意識が高まった一冊でした。
私は、おっぱいが自分が憧れているものになることと、体操をすることによって肩こりや頭痛が減るという効果にも期待して、おっぱい体操の習慣を身につけたいなあと思いました。

おっぱいは、赤ちゃんと男性たちのためだけにあるのではありません。日頃忘れがちですが、おっぱいは、女性自身の身体と心のためにとても重要な役割を果たしているのです。
「きれいをつくるおっぱい体操」 おっぱいは見えるホルモンP34より

<参考/関連サイト>
ウェルネスライフ研究所

書籍「きれいをつくるおっぱい体操」の関連書籍

関連カテゴリーはこちら
下着
美容・ダイエット

関連記事

関連キーワード

公開日:2011年08月11日
更新日:
この記事を書いた人・サイト運営者
もかり

もかり(
30代、京都在住の娘2人の母。人柄が「昆布みたい」と大絶賛されたことがあるハンサムとお笑いとお寿司と自然と動物が好きなオカンです。
プロフィールはこちら

Google+