GUEST&MEのお洒落なフレグランスバーの感想と糸井さん発見の話

20111125-1 GUEST&MEのフレグランスバーの感想と糸井さん発見の話
手帳の季節ですね。私は今年は、ほぼ日手帳2012を買いました
そういえばほぼ日つながりで話題にしようと思っていた商品がひとつ。
ほぼ日イトイ新聞でおなじみの東京糸井重里事務所と、ライオン株式会社がコラボして「GUEST&ME」という、トイレタリーブランドを展開されています。
GUEST&MEのブランドディレクターは、糸井さん。プロダクトデザイナーは、佐藤卓さんです。
糸井さんや佐藤さんに興味のある方もいらっしゃるかと思いますが、サイトでインタビューも掲載されているので、何を作ったのかチェックしてみてください。

「ほぼ日刊イトイ新聞」でたくさんのご意見を聞いて、
その声や知恵を、現実にしたブランドがGUEST&MEです。

と、糸井さんがGUEST&MEのインタビューページで答えているので、ほぼ日をご覧の方はすでにご存じなのでしょうか。GUEST&MEは、「ほぼ日」読者の方の声を取り入れて作ったトイレタリーブランド。知らなかった!
私はというとほぼ日で知ったというより、何か気になる商品はないか探しているときに、GUEST&MEを発見して、フレグランスバーという、石けんのような見た目の芳香剤を、今使っています。
かおりは2種類あり、リフレッシュを使っています。もうひとつのかおりは、リラックスです。
ショップはこちら»GUEST&ME SHOP

GUEST&MEフレグランスバーを使った感想

20111125-4 GUEST&MEのお洒落なフレグランスバーの感想と糸井さん発見の話
子どもの頃、いい香りがするからと、自分の勉強机にお風呂で使っている石けんの中でも、いちばん香りが素敵で、表面に綺麗な模様がついている石けんを飾って、宿題をしていました。
このGUEST&MEフレグランスバーは、そんな私の子ども時代を思い出した商品で、懐かしく感じました。パッケージに石けん状の芳香剤をセットして、部屋に飾っておく。という使い方は、私が子どもの頃やっていた、それと同じ!
大人になってさすがに家庭用石けんをインテリアに使うなんていうことに対しての恥じらいを持つような年齢になりましたが、このフレグランスバーは、そんな恥じらいもなく、どうどうと石けんをインテリア代わりに、そして(石けんだよね?)と思われない香りを楽しむこともできます。
20111125-3 GUEST&MEのお洒落なフレグランスバーの感想と糸井さん発見の話
デザインも強い主張があるわけではないと思うので、どういう部屋か選ばなくても、自然になじんで存在している感じになります。モダンな感じなので、シンプルでモノの少ない部屋などには、マッチしやすいのではないでしょうか。
香りは好みがあるので、何とも書けませんが、自然そのものの・ナチュラルな香りというわけではなく、人工的な香りの感じがあります。ドラッグストアで売られている、”芳香剤”という感じの香りとは違っているかなと思います。
デザイン面でも香りの面でも、そういった商品のチープさがないので、それにくらべると上等。という印象。

GUEST&MEのコンセプトと香り

20111125-2 GUEST&MEのお洒落なフレグランスバーの感想と糸井さん発見の話
調香師さんのインタビューでは、かなり無茶なお願いをされた様子もうかがうことができますが、それと同時に、調香師さんとしての楽しみを満喫できた様子も感じられます。
GUEST&MEの香りが、そうやって考えられて作られた香りなんだ。と思うと、香りに疎く自分の普段の好みだけで手に入りやすいものを選ぶのもいいですが、違った香りもまたよいものだと感じられます。
私はこのフレグランスバーの香りは、普段あまり選ばない香りでしたが、使ってみるとそれほど不快ではなく、家族も香りに何か言うということはありませんでした。
パッケージをあけたすぐ使い始めたその日は、香りが強かったし、いつもと違う香りとして認識していたのですが、徐々に香りは薄くなり、慣れてきて意識しないとわからないほどになります。
でも、空気が動くと、ふと気づく、この香り。

ギフトとして贈りものによさそう◎

20111125-5 GUEST&MEのお洒落なフレグランスバーの感想と糸井さん発見の話
ご褒美というより、「おもてなし」という感じがするこちらの商品。
自宅用には、お客様がいらっしゃる時のおもてなしとしての使いみちもひとつ。
リビングに集まる家族をねぎらうというという使い道もひとつ。
私は自宅用だったので、贈答用になるとどうなのか感想は書けませんが、通販サイトでは、贈答用にギフト向けのセットやラッピングを選んで(包装紙)、のし紙、メッセージカードを選び注文することもできるようになっています。

糸井さん発見の話というのは・・・

20111125-6 GUEST&MEのお洒落なフレグランスバーの感想と糸井さん発見の話
タイトルに書きました糸井さん発見というのは、街で糸井さんを見つけたというわけではなく、GUEST&MEのサイトを見ていて、商品を見ていたら、糸井さんのインタビューが掲載されていた!という、私の個人的な発見のことでした。
なんだか紛らわしくてすみません。と後で思ったもので。
あと、サイト内のいろんな方のインタビューコーナーも面白いです。
GUEST&MEについてみんなどう思ったのかな?というのを見ることができます。
GUEST&ME SHOP GUEST&ME Style
アロマテラピーインストラクターの、羽鳥冬子さんの言葉で共感したのが、こちら。
“香りはまるで人生をマーキングしているかのようだ”というのがいいですね。
音楽でも、学生時代聴いていたあの曲を今聴くと、音楽とともにあのころの気持ちがふわっとよみがえる。みたいな感じに、似ているのでしょうか。

香りは脳に働きかけ、刺激を与え、体に指令を出すという作用があります。
五感をフル活動させることができるものですし、香りを感じることでいろいろな記憶を呼び起こしたり、あらゆる思い出とつながっている。香りはまるで人生をマーキングしているかのようだと感じますね。
GUEST&ME SHOP GUEST&ME Style  vol.19

それはさておき、このフレグランスバーは、香りがなくなってしまったら、どうしたらいいんでしょうね。わかったら、この記事に追記したいと思います。

参考/関連サイト

参考/関連アイテム

わが家で使っているのがこちら
これは芳香剤です

香りは2種類あって、色がピンクのものも

関連カテゴリーはこちら
インテリア

関連記事

関連キーワード

公開日:2011年11月25日
更新日:
この記事を書いた人・サイト運営者
もかり

もかり(
30代、京都在住の娘2人の母。人柄が「昆布みたい」と大絶賛されたことがあるハンサムとお笑いとお寿司と自然と動物が好きなオカンです。
プロフィールはこちら

Google+