スパイシィな置き換えダイエット食品「ヒートダイエット スリムホットスープ」の感想

2011128-10 ちょっと味濃いめでスパイシィな置き換えダイエット食品、ヒートダイエット スリムホットスープ
こちら真っ赤なパッケージの、置き換えダイエット食品「ヒートダイエット スリムホットスープ」。レトルト食品というわけではなく、ダイエットスープとして売り出されているダイエットアイテムです。新日本製薬から、2011年7月に新販売した商品。
» 美味しいダイエットスープが誕生!
私は過去に、3,4商品ほど他社の置き換えダイエット食品を口にしていますが、今回はその中でも、ちょっと味が濃いめのタイプかなと思いました。1食あたり約70キロカロリー。
販売会社である、福岡を本社に置く新日本製薬さんは、通販サイトからも伝わってくると思いますが、真面目な雰囲気。商品のパッケージも、このように真面目な雰囲気が見えますが、その味は、パッケージの見た目からはちょっと想像できないバライティ豊かで、面白いチョイスに。
レシピ開発担当の荒川さんが登場しているページはコチラ。
7つのスパイスをブレンド。辛味にこだわったダイエットスープが誕生!

冬休み前に手に入れて!ダイエットチャンス

12月に入ったら、クリスマスもお正月もいいけど、冬休みというものもあります。
関西は比較的冬休みは短いのですが、北のほうでは、冬休みって長いんですよね?
しかも、雪が積もったりするんですよね?どうやって外出をされるんですか・・・。
2011128-11 スパイシィな置き換えダイエット食品「ヒートダイエット スリムホットスープ」の感想
関西に住んでいても、やっぱり冬は寒いので家で過ごしがちになります。
家にいると、食事を作らなくてはいけないので、それが毎日だと、面倒な時もあります。お昼なんかを、インスタントで済ませていたりすることもありますが、普段からインスタントを食べないので面倒な時に買いに行かないといけなかったりして、それはそれで面倒。どんなけ、面倒くさがりやねんと思うでしょ?私も思います・・・。
さらに、冬になって寒いからと運動不足になり、運動不足を気にしつつ過ごしていたて、「もうすぐ、春だぞー!」と、春服にそでを通したとき・・・(あれ・・・おかしいな・・・)なんてことも。ああ、おそろしい。
冬休みの昼食作りが面倒な時、インスタントから、こういったダイエット食品に切り替えるだけでも、気分の面では、「太らないぞ」という、妙な自信につながるものです。自分ではけっこうダイエットしている気分になってるので、楽しかったりします。
2011128-13 スパイシィな置き換えダイエット食品「ヒートダイエット スリムホットスープ」の感想
こちらの「ヒートダイエット スリムホットスープ」は10食分が1箱に入っていて、味は5種類。
1食あたり約340円なので、インスタントラーメンだと2つは買えますが、カロリーを見てみると、私がよく食べてるインスタントラーメンの、約6分の1でした。

米好きには、米を入れて食べるのをお勧めしたい

私は米好きです。パンより米派。
そんな私がオススメする食べ方は、スープにお米を入れて食べること。
2011128-16 スパイシィな置き換えダイエット食品「ヒートダイエット スリムホットスープ」の感想
スリムホットスープは、お昼に食べることが多かったです。
なんか昼に食べたくなる味なんですよね。
スリムホットスープのページで、物足りない時にオススメ『満腹アレンジ』というのがあり、春雨と白米と麩(ふ)が紹介されていましたが、私は白米だけで全部の味を、試しました。
味は5種類。あと、私は山椒が嫌いなので「鯛と山椒のゆず皮入り和風スープ」は、一口しか食べてません。食べてみたら、それほど山椒が主張してなかったので、食べられそうだったのですが、やめておきました。

  1. 生姜と溶き卵のサムゲタンスープ(生姜・胡椒)
  2. 鯛と山椒のゆず皮入り和風スープ(山椒)
  3. コチュジャンの辛味チゲスープ(唐辛子)
  4. ピリ辛サンラータン風スープ(酢・唐辛子)
  5. オリジナルスパイスのスープカレー(ガラムマサラ・コリアン)

ただし、オリジナルスパイスのスープカレーは気をつけて
この中で、一番お米との相性がいい!と思ったのは、「生姜と溶き卵のサムゲタンスープ」。
お米入れなかったらよかったな・・・と思ったのは、「オリジナルスパイスのスープカレー」。
スープカレーなのに・・・と思うかもしれないですが、スープとして飲む感じの濃さだと思うので、お米を入れるとうすくて、合わなかったのです。
なんとなく合わない場合もあるので、お湯を注いで味見してから、お米に合うか合わないか判断してみてください。

スリムホットスープの材料(箱に書かれていたもの)

2011128-12 スパイシィな置き換えダイエット食品「ヒートダイエット スリムホットスープ」の感想

通販の購入ページで、原材料名が確認できないので、ヒートダイエットの箱に書かれていた原材料名部分の写真です。アレルギー物質は、商品ページに記載されていて「卵、小麦、大豆、乳、豚肉、ゼラチン、鶏肉」。

ミンチっぽいのは、粒状大豆たんぱく

ヒートダイエット スリムホットスープの作り方は、お湯を注ぐだけです。

2011128-14 スパイシィな置き換えダイエット食品「ヒートダイエット スリムホットスープ」の感想
1つの袋を開けると、1食分の固形のスリムホットスープがあるので、これを器に移します。

2011128-15 スパイシィな置き換えダイエット食品「ヒートダイエット スリムホットスープ」の感想

器に移して、お湯を注ぐと、ひき肉(ミンチ)っぽいものが、浮かんでいるのですが、これは大豆を主原料とした「粒状大豆たんぱく」。
コレステロールゼロで、タンパク質が多くて、脂質が少ないのが特徴のようです。
この粒状大豆たんぱくは、噛みごたえがあり、ひき肉とそれほど変わらない感じなので、なんとなく感じる物足りなさがなくて、いいかなあと思いました。
それぞれの味の美味しさへのコダワリが、販売ページでまとめられているので、どんな味なのかチェックしてみてください。

参考/関連サイト


飽きのこない5つの味。1日1食置き換えてダイエットしてみませんか?

関連カテゴリーはこちら
美容・ダイエット

関連記事

関連キーワード

公開日:2011年12月04日
更新日:
この記事を書いた人・サイト運営者
もかり

もかり(
30代、京都在住の娘2人の母。人柄が「昆布みたい」と大絶賛されたことがあるハンサムとお笑いとお寿司と自然と動物が好きなオカンです。
プロフィールはこちら

Google+