石澤研究所の贅沢な入浴剤「生・酒粕風呂」を使った感想

石澤研究所が、通販限定で2012年1月10日から限定販売している「生・酒粕風呂」という、めずらしくて贅沢な入浴剤を使ってみました。わが家の評判は◎でした。

石澤研究所の入浴剤「生・酒粕風呂」の写真

石澤研究所スタッフブログで、発売前から話題にされていて、今年の冬に試してみたい入浴剤のひとつだったので、1度だけですが使うことができてよかったです(だってこれは1回分なんですもの!)。

この「生・酒粕風呂」という入浴剤が通販限定の理由は、店頭の販売では温度管理が難しいから
石澤研究所の商品は、ロフトや東急ハンズでもコスメは買えますが、この商品だけは売ってないんだとか。

石澤研究所 通信販売限定 生・酒粕風呂は商品詳細こちら
 石澤研究所 公式サイトのトップページはこちら

生・酒粕風呂を使おうと思った理由

20120110-2 石澤研究所の贅沢な入浴剤「生・酒粕風呂」を使った感想

私は入浴剤を使うのが好きなので、試してみるのが好きだった。という理由が大きいですが、香りが気になるだとかそういうものばかりしか手に入らず、こういった酒粕そのものを使うようなタイプの入浴剤は(めずらしいな)と、感じました。
毎日使うタイプではなく、1度だけ普段とは違うバスタイムを体験するために使いたかったのです。私が、いつもと違う入浴剤を使う理由は、普段とは違う何かを求めて。なので、気になりました。

生の酒かすの入浴剤はめずらしかった

20120110-3 石澤研究所の贅沢な入浴剤「生・酒粕風呂」を使った感想

いろいろなところで入浴剤をチェックしていましたが、酒粕やお酒をコンセプトにした入浴剤だと、粉末状のものは見かけましたが、この「生・酒粕風呂」のように、ペースト状になった酒かすを使うタイプの入浴剤は、珍しいと思います。

生・酒粕風呂を使う前に/家族でのバスタイムに

20120110-5 生・酒粕風呂を使った感想

お風呂でそのまま使うのは少し不安があったので、一度ボウルでどういう風になるのか?というのを試してから使ってみました。
子どもや夫もいっしょに入浴するので、お酒の香りが合わなかったり、いやがったりするかもしれないと思い、使う前に家族に大丈夫か確認しました。
娘はあまり酒かすのことを知らなかったので、香りをかいで「これはおさけ?」と聞いてきました。
アルコールの香りはそれほど強いとは思いませんでしたが、ボウルに入れた時は、香りを感じました。

子どもの肌に合うか見てみるために、娘に手をつけてもらったら、「きもちうぃ~い♪(気持ちいい)」と言っていたし、特に肌トラブルもなかったので、その日のバスタイムで使用することに決定しました。

生・酒粕風呂を使った感想のまとめ/家族の評判

20120110-4 生・酒粕風呂を使った感想

お風呂に入れると、ネットの中の酒かすがじょじょに溶け始めて、手でもんだり触っていると、なくなっていきます。娘はたいそう楽しかったようで、きゃっきゃと遊びながら楽しんでいましたが、わたしもやりたかったよ・・・。
夫も、自宅のバスタイムがその日一風変わったものになったので、「いやあ。体があったまった気がするよ」などと、調子のよいことを言っておりました。
わが家の評判はよかったです。

私が使った感想は、こういった酒かすのペースト状になった入浴剤はあまり売っているのを見たことがなかったので、使えたことに満足しています。
値段に関しては、普段の入浴剤の自分の中の相場よりやや高いとは判断しましたが、「普段とは違う何かを求めて。」いたので、この値段はありかなと思いました。

石澤研究所 通信販売限定 生・酒粕風呂は商品詳細こちら

関連カテゴリーはこちら
美容・ダイエット

関連記事

関連キーワード

公開日:2012年01月10日
更新日:
この記事を書いた人・サイト運営者
もかり

もかり(
30代、京都在住の娘2人の母。人柄が「昆布みたい」と大絶賛されたことがあるハンサムとお笑いとお寿司と自然と動物が好きなオカンです。
プロフィールはこちら

Google+