【感想】鳴門わかめ配合シャンプー使ってみた(海藻)

R1158082 鳴門わかめ配合シャンプー使ってみた

鳴門わかめを使用している、わかめシャンプーとコンディショナーを使いました。
微香性と書かれていたので、(わかめのにおいするのかな?)と思いましたが、わかめの香りはしません。

タラソテラピー(海洋療法)を取り入れたエステサロンを参考に、プロの美容師と研究を重ね、鳴門わかめを配合した、ヘアケアアイテムを作られたようです。

タラソテラピーと鳴門ワカメ

R1156185 鳴門わかめ配合シャンプー使ってみた(海藻)

タラソテラピー発祥の地は、フランスのブルターニュ。

フランス産の海藻を使った商品もありますが、徳島の鳴門わかめを使う発想で作られているようです。

わかめシャンプーの香りはわかめではない

R1158083 鳴門わかめ配合シャンプー使ってみた(海藻)

こちらは、わかめシャンプーです。
緑のボトルに入っているように見えますが、わかめをイメージさせるグリーンの色が、シャンプーについています。

水、コカミドDEA、(C12,13)パレス-3硫酸Na、ラウリル硫酸TEA、オレフィン(C14-16)、スルホン酸Na、硫酸Na、コカミドプロピルベタイン、褐藻エキス、コンドロイチン硫酸Na、加水分解コラーゲン、加水分解コンキオリン、スクワラン、(加水分解シルク /PG- プロピルメチルシランジオール)クロスポリマー、カルボキシメチルキチン、ベタイン、グリチルリチン酸 2K、クレアチン、褐藻、グリシン、プロリン、グルタミン酸、ココイルグルタミン酸 TEA、甘草エキス、BG、ポリクオタニウム-10、クエン酸、銅クロロフィリンNa、PEG-20 ソルビタンココエート、香料、メチルパラベン、黄 4、緑 201

成分を見るとわかるかと思いますが、この色はワカメの色ではなく、色がついているだけですね!
香りも微香性と書かれていますがわかめの香りがするわけではありませんでした。

わかめのコンディショナーの気になる点

R1158086 鳴門わかめ配合シャンプー使ってみた(海藻)

わかめコンディショナーは、少々気になる点がありました。
本格派海藻コンディショナーなのは理解しますが、なんだろう。
何か、気になるものが見えます!

水、ステアリルアルコール、グリセリン、ミネラルオイル、ジメチコン、シクロペンタシロキサン、セタノール、ステアルトリモニウムクロリド、スクワラン、コンドロイチン硫酸Na、褐藻エキス、加水分解コラーゲン、加水分解コンキオリン、カルボキシメチルキチン、甘草エキス、(加水分解シルク /PG- プロピルメチルシランジオール)クロスポリマー、グリチルリチン酸 2K、クレアチン、ベタイン、褐藻、BG、ベヘントリモニウムクロリド、ステアリン酸グリセリル、ステアリン酸グリセリル(SE)、ステアリン酸 PEG-10、イソプロパノール、ポリクオタニウム -52、PEG-32、銅クロロフィリンNa、香料、メチルパラベン、エチルパラベン、ブチルパラベン、黄4、緑201

シャンプーとセットで使うのにはとても相性がよいコンディショナーだと思いました。
香りは、先にも書きましたが、微香性で、髪を洗って乾かした後、強めの香りが髪に残ることもなく、洗う時に、香りも楽しみながら、使うことができます。

使った感想

R1158085 鳴門わかめ配合シャンプー使ってみた(海藻)

徳島だとルネッサンスリゾートナルトや、徳島の人だとわかると思いますが、チャーリーでも売っているそうです。
サイトでは、徳島のヘアサロン「HAIRZ」のスタイリストがセルフヘッドスパのテクニックを伝授してくれています。

阿波ノ美|ノンシリコン海藻シャンプー|髪にもタラソテラピー

関連カテゴリーはこちら
ヘアケア/シャンプー

関連記事

関連キーワード

公開日:2012年11月01日
更新日:
この記事を書いた人・サイト運営者
もかり

もかり(
30代、京都在住の娘2人の母。人柄が「昆布みたい」と大絶賛されたことがあるハンサムとお笑いとお寿司と自然と動物が好きなオカンです。
プロフィールはこちら

Google+