3,000円以内で買える36色水彩色鉛筆 ファーバーカステル平缶 36色セット

先日、娘に「ネットで色鉛筆買って!」と言われ、アマゾンで注文しました。

水彩色鉛筆ファーバーカステル平缶 36色セット

選んだのは、水彩色鉛筆ファーバーカステル平缶 36色セット

アマゾンの色鉛筆ランキング上位だったことと、価格が手ごろ、オウムの絵が気に入ってこれを選びました。

ファーバーカステルとは?

ファーバーカステルは、ドイツの老舗筆記具メーカー。
世界で初めて鉛筆を製造販売し、1905年に誕生したカステル9000番鉛筆は、今年111周年を迎えます。
http://www.faber-castell.jp

水彩色鉛筆ファーバーカステル

この色鉛筆はファーバーカステルとは書かれていますが、シャチハタ取扱い品です。
メーカーのページでは価格2,700円(税抜)でした。
Amazonで購入するとメーカー価格より安く買えたので、ずっと欲しかった36色入りの色鉛筆を選びます。
芯の太さは、3.3mm。

水彩色鉛筆ファーバーカステル 種類

使っていて気になった点は、例えば「緑の色鉛筆だけ減って短くなったので買いかえたい」とか、色鉛筆を1本だけ買いたい時に見つからない可能性があること。
(もし、1本だけ買えるお店を見つけたら情報追加します。)

水彩色鉛筆ファーバーカステル平缶 36色セットの感想

水彩色鉛筆ファーバーカステル平缶 36色セットが届きました。

水彩色鉛筆ファーバーカステル ジャケット オウムのイラスト

アマゾンのカスタマーレビューで詳しい口コミが多数投稿されていたので、期待が大幅にずれることもありませんでした。

それぞれの色鉛筆に何色なのか色名が書かれていないといった、気になる点もありました。
(缶の裏に色名一覧が書かれていますが、色鉛筆には数字のみ書かれていている)

水彩色鉛筆ファーバーカステル平缶 36色セット

色鉛筆の描き心地は満足です。
本格的な絵を描いているわけではないからか、色鉛筆そのものにはこれといった不満は見つかりません。

水彩色鉛筆ファーバーカステル平缶 36色セット

水彩色鉛筆と合わせて買うなら

水彩色鉛筆ファーバーカステル平缶 36色セット

初めて色鉛筆を買う方は、鉛筆削りが入っていないので、もし家になければ、鉛筆削りが必要です。

水彩色鉛筆なので、絵筆もセットになっていますが、描きやすい筆ではなかったので、ステッドラー ウォーターブラシを買おうと思いました。

水彩色鉛筆ファーバーカステル平缶 36色セット 色一覧

平缶の裏側に書かれていた、色鉛筆の色一覧です。
(クリックで拡大画像が開きます)

それぞれの色鉛筆には色の番号しか書かれていないので、バラバラにすると、何色なのかわからなってしまいます。
届いてすぐ、色鉛筆に色の名前を書きました。(缶に数字を書くほうがよかったかな?)

色鉛筆ってどれも同じじゃないの?

色鉛筆はどれも同じだと思っていましたが、いざ買おう!と思うと、どれを買おうか迷います。

鉛筆の形(丸か六角か三角か)、芯のかたさや描きやすさなど、自分の好みにピッタリの色鉛筆があるかもしれないと思うと、文房具屋さんに行きたくなりました。

油性色鉛筆と水彩色鉛筆

水性と油性

油性色鉛筆は、普通の色鉛筆と呼ばれたりします。
子供の頃に使っていた色鉛筆が、油性色鉛筆だったのでそう呼ばれるようです。

水彩色鉛筆は、油性色鉛筆と同じように色鉛筆画が描けますが、色をつけた部分を水をつけた絵筆でなぞると、水彩タッチに変化します。

写真左のひまわりの絵は、水彩色鉛筆で書きました。
右のひまわりは、油性色鉛筆なので、水をつけても何も変化がありません。

水彩色鉛筆の技法が動画で紹介されていたので、興味がある方はご覧ください。

メーカーによって色が違う

トンボ鉛筆、三菱鉛筆、サクラクレパス、ホルベイン、ぺんてる、パイロット、ステッドラー、カラン ダッシュなど、国内外のメーカーがあります。

水彩色鉛筆ファーバーカステル とUni水彩の色の違い

例えば、ファーバーカステルとuniの黄色の色鉛筆を並べてみると、よく似ているけれど微妙に違うことがわかります。同じレモン色でも違いがあるのがわかりました。

カラフルな色鉛筆が家にあると、その色を見て元気がでてきます。
あまり必要ないかも…と思うけれど、色鉛筆でちょっと絵を描く生活は、心にゆとりが持てるようになりよいですね。

より本格的なファーバーカステルの色鉛筆もチェックしたい

Amazonプライム入会はこちら▼

関連キーワード

公開日:2016年05月31日
更新日:

この記事を書いた人・サイト運営者
もかり もかり(
30代、京都在住の娘2人の母。人柄が「昆布みたい」と大絶賛されたことがあるハンサムとお笑いとお寿司と自然と動物が好きなオカンです。⇒プロフィールはこちら

Google+