こだわりの愛媛産今治タオルの「ハーフタオルハンカチ」蒼想SOSOとは?

made in 愛媛にこだわったハーフタオルハンカチシリーズの中から「蒼想~so-so~(そうそう)」をご紹介します。

今治タオルの「ハーフタオルハンカチ」蒼想SOSO

日本三大絣の一つである伊予絣のデザインを取り入れた、珍しい柄のタオルハンカチで、(かわいい)と思って欲しくなり、注文しました。

ハーフタオルハンカチは、過去に展示会で見せてもらって知っていたのですが、あれから新しい柄やブランドが登場していました。

その中のブランドのひとつ「蒼想(SOSO)」は、ちょっとしたプレゼントにも最適です。
プレゼント向けだと思う理由は、愛媛産にこだわった丁寧な作りの製品だから。

蒼想はこだわりのmade in 愛媛

今治タオルの高い技術で、伊予絣独特の柄をモティーフにした、斬新なデザインタオルが生まれました。そのブランドが、蒼想(SOSO)です。

蒼想の柄は、全部で4柄。

蒼想の柄

時雨(SHIGURE)、緋転(HITEN)、游流(YURU)、煌輝(KO-KI)という名前がついています。

タオルの柄は伊予絣独特の柄がモティーフ

蒼想の伊予絣独特の柄

日本三大絣のひとつである伊予絣(いよかすり)。
伊予絣は、愛媛県松山市で製造されている絣(織物の技法)です。

愛媛産を追及し、タオルの柄も、伊予絣独特の柄がモティーフです。
今治タオルの高い技術で、伊予絣の独特のかすれが表現されています。

タオルの産地として有名な今治タオルブランド

蒼想の今治タオルのブランドロゴ

タオルの産地として有名な愛媛県今治市。タオルブランドとしても認知度の高い、今治タオルのブランドロゴもついています。

しっかりとした作りで、汚れが目立ちにくい藍色は、長く使えると思われる一品。タオルの伝統的な柄も、長く愛用しても飽きがこない、和むデザインだと思いました。

専用ボックスも愛媛産

パッケージの箱も愛媛県内で生産され、伊予和紙を使った藍のリボンがついています。

蒼想の専用ボックスに入っている

蒼想SOSOの専用ボックス

愛媛県内で生産されるパッケージに、「伊予和紙」を使用した藍のリボンを使い愛媛産にこだわっています。
パッケージにはブランド名SOSOのロゴの窓があり、そこからタオルの柄が見えています。

蒼想の煌輝(KO-KI)レビュー

「ハーフタオルハンカチ」蒼想SOSO 表

素材は綿100%。日本製です。
この柄は、煌輝(KO-KI)です。

「ハーフタオルハンカチ」蒼想SOSO 裏

こちらが裏側です。

タオルハンカチの中央に、折り目があり、二つ折りしやすくなっています。
厚手のタオル生地で、手洗い後もしっかり手をふくことができます。

タオルハンカチで工夫されているポイント

「ハーフタオルハンカチ」蒼想SOSO

タオルハンカチで工夫されているポイント

■ かさばらないよう、タオルハンカチのサイズを半分にして二つ折に
■ 厚手のタオル生地にし、しっかりふき取れるように
■ センターに折り目を入れて二つ折しやすく

お土産、お礼やちょっとしたプレゼントにも最適。
製造販売元は、愛媛県今治市の田中産業株式会社です。

今治タオル 蒼想SOSO ハーフタオルハンカチ – セシール

▼GOLDPEARLでは2枚セット3枚セットがあります。

▼田中産業株式会社の運営する楽天ショップはこちら
GOLDPEARL

▼タオルハンカチの関連記事
かさばらない「デキるオトコのタオルハンカチ(今治タオル)」ギフトにも。

関連記事

関連キーワード

公開日:2016年12月26日
更新日:
この記事を書いた人・サイト運営者
もかり

もかり(
30代、京都在住の娘2人の母。人柄が「昆布みたい」と大絶賛されたことがあるハンサムとお笑いとお寿司と自然と動物が好きなオカンです。
プロフィールはこちら



Google+