モダンSOU・SOUの紅葉がさねの足袋下

PC141121 SOU・SOUのもみじ柄の足袋下
先日、Facebookを見ていたら長めの足袋下の紹介が投稿されていたのをみて、足袋下がほしくなり、通販でお買い物しました。
Facebookで見た菊づくしの膝下丈買いましたヨ。かわいいんですねぇ。
自分用にはそれとネットショップ限定の紅葉がさね(普通丈)を選びました。
あと、娘用のポップな子ども用の足袋下と、伊勢木綿の生地1枚。夫ゴメンね。

SOU・SOUの足袋下が好きなポイント

PC141124 SOU・SOUのもみじ柄の足袋下
靴下じゃなくて、足袋下といわれる理由は、たびのようにつま先が2つにわかれているから。
足袋になっているのも好きなポイントのひとつではありますが、私が最も好きなポイントは、柄です。
今回選んだ柄でも伝わるかと思いますが、
他でこんなにもモダンでポップな柄の靴下を、私は知らないです。
なにより、履いていて自分が楽しいのが、いちばん好きなポイント。
私は柄ものが好きで、いろんな柄のものをよく見ていますが、SOU・SOUの柄はたいへん美しいです。実際にファッションに取り入れるとなると、少々難しいだろうな。と思うもものあるのですが、失敗しにくいのです。

これがわたしのおきにいり

PC141128 SOU・SOUのもみじ柄の足袋下
柄の位置も、足に履いた時うつくしくみえるようになっていて、
履くと面白く、たのしいデザインの足袋下もあります。
足の裏には、SOU・SOUのロゴが織り込まれています。まめまめしい。
PC141129 SOU・SOUのもみじ柄の足袋下
素材を気にされる方は、ちょっと気になるかもしれませんが、
足袋下 紅葉がさね 濡羽色の素材は
「綿55%、ナイロン24%、ポリエステル20%、ポリウレタン1%」です。
国産の靴下で、製造は「日本一の靴下生産量を誇る奈良県の大和高田市」で作られているそうです。奈良県はすばらしいですね。
柄はプリントではなく、靴下の生地にきれいに織り込まれていています。
また、使われている糸の色もいい色。

今回買った足袋下

PC141131 SOU・SOUのもみじ柄の足袋下
紅葉がさねのほうは、遠めにみますと、まるで紅葉が舞っているかのよう。
紅葉を見に行った時、こんな光景をどこかで見たような記憶がよみがえります。
PC141125 SOU・SOUのもみじ柄の足袋下
今回、自分用に購入したのは、足袋下2足。
灰色の長いほうが膝下丈、黒い短いほうが普通丈です。
もひとつ短いくるぶし丈もありますが、こちらは夏向きかな。
<今回買った足袋下>
足袋下(普通丈)/紅葉がさね 濡羽色(ぬればいろ)【男・女性用】
足袋下(膝下)/菊づくし 鼠色(ねずみいろ)【女性用】

華やかでおめでたいものを身につける

PC141127 SOU・SOUの紅葉がさねの足袋下
季節感のある、もみじを買いましたが、もう京都は冬。
お正月の柄や寒椿柄など、冬の柄の足袋下も登場しております。
私は存在感がしょうしょう薄いので、華やかな柄のものを身につけたい。
SOU・SOUの足袋下はたいへんよいです。
アイホンやアンドロイドのスマホケースも、かわいいのです。
私のスマホにあうケースはありませんでしたが!゚(゚´Д`゚)゚。
PC141119 モダンSOU・SOUの紅葉がさねの足袋下
足袋下4足買い、郵便局の方がこんな数字の紙袋を届けてくれました。
かわいいでしょ。
SOU・SOUでしか販売していない商品は、SOU・SOU netshopで。
京都には、店舗もあるので、お店で見たりできます。
ジブリ美術館に行った時に、SOU・SOU×ジブリコラボの
まっくろくろすけ足袋下を買うくらい、SOU・SOUお気に入りです。
<関連記事>
ジブリ美術館でSOUSOUとジブリがコラボした足袋下を買ってきた

関連カテゴリーはこちら
靴・シューズ
この記事を書いた人・サイト運営者
もかり

もかり(
30代、京都在住の娘2人の母。人柄が「昆布みたい」と大絶賛されたことがあるハンサムとお笑いとお寿司と自然と動物が好きなオカンです。
プロフィールはこちら

Google+
公開日: