入浴剤「贅沢泡とろ」を使った感想

泡とろ

入る時と出る時が寒いと言う理由で、お風呂に入るのが億劫な季節になってきました。

お風呂でのちょっとした楽しみに、普段は使わない入浴剤を買ってたまに使うことがありますよね。香りやお風呂のお湯の色が変わるのを楽しんだりして、リフレッシュしています。

今回は、泡と香りとお湯の色が変化する、牛乳石鹸のお湯物語「泡とろ」という入浴剤を3袋モニター提供いただき使いました。

お風呂に入るのが億劫な時は入浴剤!

疲れ果てて体力が尽きているような日ではなくても、寒かったり、少し疲れていると、お風呂に入るのが億劫です。

そんな時に、お風呂を楽しみにできるアイテムが、入浴剤

なかなかお風呂に入りたがらない子ども達も、新しい入浴剤があれば、それを使う理由にして、お風呂に誘うチャンス。

今回使った入浴剤「贅沢泡とろ」は、美容成分が配合されていたり、ローズの香りがする入浴剤で、泡が出来たりするので、夫は嫌がっていましたが、娘たちが大喜びしていました。

贅沢泡とろの使い方

泡とろ 使い方

贅沢泡とろを使った感想

子どもたちが使っているところを見に行ってみました。(写真はぼやけてよくわかりませんが失礼)

泡とろ

透明のお湯に、入浴剤をいれると、お湯がたちまち、ピンク色に。

泡とろ

シャワーや、バシャバシャしていると、泡がもこもこもこもこ~。
お風呂から、ばしゃばしゃする音や、きゃあきゃあ言う声が聞こえてきて、楽しそうでした。

熱くてすぐに出てしまうお風呂が楽しかったのか、体もぽかぽかでいい香り。寒くなったので長袖のパジャマを着て、夜はぐっすり眠れたようでした。

メーカーの希望小売価格が、1袋30g(1回分)税抜180円と、やや高めの商品ですが、もし機会があれば、お試しください。
お湯物語 贅沢泡とろ 入浴料 ジュエリーローズの香り

参考までに、ケンコーコムでは、1袋税込154円で売られていました。

牛乳石鹸共進社さんのブログリポーターに参加中♪

関連カテゴリーはこちら
アロマ/香りを楽しむコスメ
この記事を書いた人・サイト運営者
もかり

もかり(
30代、京都在住の娘2人の母。人柄が「昆布みたい」と大絶賛されたことがあるハンサムとお笑いとお寿司と自然と動物が好きなオカンです。
プロフィールはこちら

Google+
公開日:2017年10月27日
更新日: