2018年6月18日からサイトリニューアル中です

雨の日の登園に子どもの軽い長靴を2,000円以内で探す

梅雨前に、保育園や幼稚園に履いていく子ども用の長靴を、2,000円以内で探していました。

BREEZE レインシューズ

雨の日しか履かないし、サイズが変わるし、記名するので、できれば2,000円くらいで買いたいな~。と考えていました。

小さい子を2人も連れて長靴を探すお店巡りもしたくないので、ネット通販で探していました。

子どもが長靴を履いてたくさん歩くのなら、違う長靴を選んでいたかもしれませんが、駐輪場から園の靴箱まで数十メートルほどしか歩かないので、軽い長靴を探しました。

子どもの軽い長靴を2,000円以内で探す

子どもの軽い長靴をネットで探す

BREEZE レインシューズ 横

2,000円以内で買える軽い長靴を探していたので、片足の重さがかかれていた、この商品を選びました。
BREEZEのレインシューズは、17cm片足220グラムです。

サイズごとの、片足分の重さが商品ページに記載されていました。
ブリーズ キッズ レインシューズ

子どもの長靴をネット通販で探す

色々な口コミを読んでいると、長靴の片足の重さが250g~300g以上の商品は「重い」という口コミが投稿されている傾向がありました。

長靴の素材や靴底の作りやサイズやデザインで、どうしても重くなるようです。

ベルメゾンネットの商品ページは、靴の重さがかかれていて親切です。
ベルメゾンネットの子供用長靴・レインシューズicon

ヒラキのレインシューズも安くて片足100gで軽そうです。
ヒラキ キッズ軽量素材レインブーツ

クロックスの長靴も軽いですが予算オーバー。
クロックスのキッズ長靴icon

BREEZEレインシューズの特徴

ブリーズのレインシューズは、デザインや色が、どちらかと言うと男の子向けのようで、商品レビューには、息子さんに購入されたとの書き込みが多くみられました。

BREEZE レインシューズ 特徴

BREEZE レインシューズ タブ

BREEZE レインシューズ タブ
着脱に便利なタブ

着脱にはそこまで活用されていませんが、長靴を吊るして置いておくのに、地味に役立っています。

名前のタグをこのタブにつければ、長靴に直接記名しなくてもよいかもしれませんね。

BREEZE レインシューズ リフレクター

BREEZE レインシューズ リフレクター
暗い所でライトが当たると光るリフレクター

リフレクターがついていると、暗いところで光っていいな。と思いましたが、外が暗い時間に、子どもと出かけることがないので、わが家にはそれほど必要な機能ではありませんでした。

BREEZE レインシューズ インナーソール

BREEZE レインシューズ インナーソール
外せる!インナーソール

長靴の中を洗う時に、インナーソールが取り外せたら洗いやすそうだと思いました。

BREEZEレインシューズの口コミレビュー

BREEZE レインシューズ

BREEZE レインシューズは、継ぎ目なく、靴底も全て赤いゴムです。

BREEZE レインシューズ

靴底はそれほど分厚くありません。

BREEZE レインシューズ 靴底

靴底は、ギザギザした模様が入っていました。

履き口はゆったりしていて、立ったまま足をつっこんで、履くことができていました。
スカートや短パンを履く日があるので、履き口がふくらはぎの肌にあたることがあるので、切りっぱなしではない長靴を選びました。

BREEZE レインシューズ 後ろ

うちの子だけかもしれませんが、雨の日にも雨じゃない日にも、新しい長靴を履いていきたがってくれるので、(買ったかいがあったな~。)と大満足です。

BREEZEレインブーツを買ったショップ

BREEZE

今回購入したショップは、F.O.Online Store 楽天市場店です。
BREEZE、apres les cours、ampersand、PARTY PARTYなどの子ども服ブランド(80~160cmサイズ)が通販出来ます。

 

ブリーズの長靴を探す

 

ネット通販で探していたため送料も気になったのですが、ちょうど期間限定で送料無料で買えました。小さい子連れで、お店に買いに行くと大変なのでとても助かりました。

BREEZEのレインシューズは、サイズ14cm 15cm 16cm 17cm 18cm 19cm 20cmまで。年少さんから小学校低学年くらいの子のサイズです。
本当は、アンパサンドの長靴を探していたのですが、見つからなかったのでブリーズの長靴を選びました。

日本製の長靴だと、アサヒのぺポムーンスターの長靴も、子どもがキャラクターやデザインが気に入れば、よさそうでしたよ。

***

普段のスニーカーで、水たまりに入られてしまうと、雨が続いている時は乾かすのも大変。長靴を履いてくれていたら、普段の靴はぬれずにすむので、安心です。
靴を乾かしたいなら、靴の乾燥機が、5,000円以内であるので、1つあれば便利かもしれませんね。

***

よく見かけるのが、スタンプルの長靴。
日本製で、色がかわいいです。