7年愛用したSTAEDTLER(ステッドラー)の鉛筆削りの口コミ・レビュー

7年ほど愛用したステッドラーの鉛筆削りを買い替えました。
この鉛筆削りの削り心地のよさは、感動的で、鉛筆を削るのが楽しみになるほど。
大変長く使うことができたので、とてもよいものだと思います。

STAEDTLER Noris Club

小学生に入学する娘の影響で鉛筆を使うようになり、ボールペンより鉛筆を使うことが増えました。
鉛筆を使っていた娘も中学生になり、今では私が娘が使っていた鉛筆削りを使っています。

子ども向けノリスクラブ シャープナー(三角型2穴)

勉強するには使い心地の良い文房具も大事よと、娘のためにおばあちゃんが買ってくれた、STAEDTLER(ステッドラー)の鉛筆削り
今まで、色鉛筆に付属の鉛筆削りを使っていましたが、削り心地がよく気に入っています。

ステッドラーノリスクラブシャープナー

この鉛筆削りは「Noris Club」シリーズ。
子どものための文具で、削れる角度が30°で鈍角に削ることができます。

STAEDTLERのサイトに書かれている商品情報です。
あまり使う人はいないと思いますが、太軸鉛筆愛用者には欠かせないアイテムです。

ノリスクラブ 蓋付きシャープナー(三角型2穴)
φ8.2mm(色鉛筆用)とφ10.2mm(色鉛筆、太軸用)の2つ穴タイプ。
削れる角度が30°なので、鈍角に削りたい時に便利です。
●材質:PS、合金 ●サイズ :42×40×57mm ●重量:45.6g
製品紹介(Products):鉛筆削り | STAEDTLER Japan website!

ステッドラー ノリスクラブシャープナー

ノリスクラブのシャープナーは、どちらかと言えば色鉛筆を削るのに向いている鉛筆削りです。

愛用7年で買い替え

20100401-11 STAEDTLER(ステッドラー)の鉛筆削り
こちらは2010年から7年間愛用していた買いかえる前のシャープナーです。
削る部分は丈夫で長持ちしますが、プラのふたが取れ紛失したのが残念です。フタ部分がすぐに取れてなくなってしまったのですが、ずっと使っていました。

2017年に新しく買った理由は、子どもが無くしてしまったからです。
無くさなかったら、10年くらい使っていたかもしれません。長く使うことができ、大変良いものです。

私はアマゾンで購入しました。あわせ買い対象商品になっています。

ノリスクラブ シャープナー(三角型2穴)の使い心地

このタイプのシャープナーは、太軸用の鉛筆・色鉛筆を使っている人には欠かせません。

STAEDTLER Noris Club
鉛筆の太さで使い分けられ、太めの鉛筆も削れるため、この鉛筆削りがないと、太軸鉛筆を削る手段がなく困ります。
写真は、ステッドラーテキストサーファードライという太軸三角の蛍光色鉛筆を削っているところです。

鉛筆を削った図

20100401-12 STAEDTLER(ステッドラー)の鉛筆削り

どちらも色鉛筆を削れます。(鉛筆のみでOKの場合は、512 001がいい)
手に持つとそれほど重さは感じないのですが、鉛筆の削りカスを捨てる時に、フタ部分だけになると存在感のある重さがあります。

鉛筆を削るならステッドラー 蓋付きシャープナー(2穴)

STAEDTLER® 合金製の鉛筆用コンパクトシャープナー

鉛筆を削るなら、ステッドラー 蓋付きシャープナー(2穴)か、合金製の鉛筆用コンパクトシャープナーなどがあります。
私は、鉛筆用コンパクトシャープナーを使っています。
「φ8.2mm(鉛筆用)とφ10.2mm(色鉛筆、太軸用)の2つ穴タイプ」です。

ステッドラー 鉛筆削り 512 001

携帯したい鉛筆の削りカスが散らばるのが気になる時はコチラがおすすめ。

STAEDTLER(ステッドラー)とは?

STAEDTLER(ステッドラー)は、ドイツに本社がある筆記具や製図用品を製造・販売する会社。
日本はステッドラー日本株式会社。

製品一覧を見ていると、鉛筆、色鉛筆、シャープペンシル、製図用品がそろっています。

<参考/関連サイト>
STAEDTLER Japan website – 日本
STAEDTLER Mars GmbH & Co. KG – ドイツ
STAEDTLERテキストサーファードライ

STAEDTLER(ステッドラー)関連記事
書きやすい蛍光ペン ステッドラー テキストサーファー ゲル
STAEDTLER(ステッドラー)の消しゴム

鉛筆削り 関連アイテム

関連カテゴリーはこちら
文房具/手帳/雑貨

関連記事

関連キーワード

公開日:2010年04月01日
更新日:
この記事を書いた人・サイト運営者
もかり

もかり(
30代、京都在住の娘2人の母。人柄が「昆布みたい」と大絶賛されたことがあるハンサムとお笑いとお寿司と自然と動物が好きなオカンです。
プロフィールはこちら

Google+