【感想】PQQ配合のDHC「Pアップ セラム」ジェル状美容液の使い心地は?

2016年11月にリニューアルした、DHCのジェル状美容液Pアップ セラムをレビューしています。

PQQ配合のDHC「Pアップ セラム」

コエンザイムQ10配合の化粧品を取り扱っている印象のあるDHCですが、コエンザイムQ10に似た成分「PQQ」を配合した化粧品が今年リニューアルされました。

リニューアルされたPQQシリーズの中から、「Pアップ セラム」は、PQQ配合のジェル状の美容液をモニターさせていただきました。

<コスメデータ>
DHC Pアップ セラム
内容量:50g/通常価格:3,500円(税抜)
ジェル状美容液

~当記事は商品提供をいただいた上で執筆しております~

DHC「Pアップ セラム」とは?どんな化粧品?

DHC「Pアップ セラム」は、2013年3月発売「Pアップジェル」のリニューアル品で、2016年に配合成分やパッケージがマイナーチェンジしました。

化粧品の成分にPQQ(ピロロキノリンキノン)を配合したPQQシリーズの美容液で、リニューアル後は配合量がアップしたと発表されました。

Pアップ セラム

PQQはコエンザイムQ10に似た水溶性の補酵素で、化粧品に関しては配合濃度など処方組みが模索され、特にクリームは”約5年に渡って研究が続けられた”と、化粧品を開発したDHCの大橋さんのインタビューに書かれています。

参考:注目の美肌促進成分「PQQ」のすべて|DHC公式オリーブチャンネル(2015.02.02)

DHC Pアップ ローション
通常価格 ¥3,000(税抜)
DHC Pアップ クリーム
通常価格 ¥3,700(税抜)
DHC Pアップ セラム
通常価格 ¥3,500(税抜)
PQQ+Q10 30日分

DHC「Pアップ セラム」の使い方

Pアップ セラム

スキンケアの最後に、1~2プッシュを手に取り、顔全体にパッティングします。フェースライン、ほうれい線、目尻、おでこなどの、気になる部分を持ち上げるようにしてなじませます。
やり方は、DHC Pアップ セラムのページに、イラストが載っています。

<他にも>
朝:メイク前の化粧下地に
夜:多めにぬって濃厚パックとしても◎

DHC「Pアップ セラム」の成分は?PQQって何?

PQQ(ピロロキノリンキノン)は、補酵素として発見され、研究ではヒトの母乳にも含まれていると発表されています。納豆、パセリ、緑茶などの食品にも含まれます。
私たちが知らないだけで身近な物質なのかもしれないですね。まだ研究中という印象を受けました。

DHC「Pアップ セラム」の成分は?

「Pアップ セラム」の成分

水、グリセリン、BG、DPG、ペンチレングリコール、(PEG-240/デシルテトラデセス-20/HDI)コポリマー、フェノキシエタノール、ネムノキ樹皮エキス、グリコーゲン、クエン酸Na、グリチルリチン酸2K、加水分解ヒアルロン酸アルキル(C12-13)グリセリル、α-グルカン、クエン酸、ピロロキノリンジオントリカルボン酸2Na、グルコシルセラミド、水溶性プロテオグリカン

【リニューアル前商品】DHC Pアップジェルの成分は?

水、グリセリン、BG、ペンチレングリコール、(PEG-240/デシルテトラデセス-20/HDI)コポリマー、フェノキシエタノール、ネムノキ樹皮エキス、クエン酸Na、グリチルリチン酸2K、加水分解ヒアルロン酸アルキル(C12-13)グリセリル、α-グルカン、クエン酸、ヒドロキシプロピルシクロデキストリン、グルコシルセラミド、ピロロキノリンジオントリカルボン酸2Na、パルミトイルトリペプチド-5、パルミトイルトリペプチド-38

リニューアル前商品と成分が違っています。

PQQの成分色がそのままあらわれた、薄いピンク色のぷるぷるなジェル
DHC Pアップ セラム商品ページより引用

PQQの成分色の薄いピンク色をしたジェルのようですが、注意深くみないとわかりませんでした。

Pアップセラムに配合されている「PQQ」は、ブレインフードとしても有名で、DHCではPQQ配合のサプリメントも販売されています。
こちら:DHC PQQ+Q10 30日分

DHC「Pアップ セラム」の口コミは?

ジェル状のテクスチャーの美容液のPアップ セラムの口コミは、「価格が手ごろ」と言う点があげられていました。
美容液で、1本3,500円(税抜)は、手ごろな部類かもしれませんね。

Pアップ セラム

DHC「Pアップ セラム」を使った感想

私がこの化粧品を選んだ理由は、「ジェル状美容液」が使いやすそうだと思ったこと。
ジェル状でもオールインワンとは違い、“スキンケアの最後に仕上げとして塗る”という使い方が、今までのスキンケアから切り替えたり、中止しなくてもいいというのが、使うきっかけになるなと感じました。

DHC「Pアップ セラム」
▲水が冷たくなったこともあり水仕事で肌がカサつき気味

DHC「Pアップ セラム」の配合成分「PQQピロロキノリンキノン)」は、どういう成分なのか使用前はよく知らなかったためピンときませんでしたが、成分についてより情報を得ることで、使うモチベーションが上がりました。

Pアップ セラム

初日の使用感は、ベタつきもなく、ジェル状で使いやすいと感じました。
ぷるぷるとみずみずしいジェルは、体温でやわらかくなり、肌にす~っとのびるので、使いやすかったです。

まだ、使い始めて日が経っていないので、もう少し使い続けて、レポートを追加します。

通販で購入するDHC Pアップ セラム

Amazonプライム入会はこちら▼

関連キーワード

公開日:2016年12月12日
更新日:

この記事を書いた人・サイト運営者
もかり もかり(
30代、京都在住の娘2人の母。人柄が「昆布みたい」と大絶賛されたことがあるハンサムとお笑いとお寿司と自然と動物が好きなオカンです。⇒プロフィールはこちら

Google+