NEW! 2019年1月 インスタはじめました!

【感想】fitfitのセールで買ったパンプニーカーで諦めていたヒールのあるパンプスでエレガンスな足元を取り戻しました

外反母趾にもやさしい靴のブランドfitfit(フィットフィット)のパンプニーカーをセールで買ったので感想を投稿します。

fitfitパンプニーカー
fitfit 配色スクエアヒールパンプニーカー

写真の靴はシンプルなブラックのパンプスが欲しくて選んだ「配色スクエアヒールパンプニーカー」です。全部真っ黒のパンプスはすでに持っているので、今回はバイカラータイプを選びました。

40代女性向けの1足1万円前後で買えるシューズブランドfitfitのパンプスの履き心地には満足。

fitfitパンプニーカー

<当記事の写真のお品>
fitfit
 配色スクエアヒールパンプニーカー
価格:12,900円+税→セール価格
商品番号:83996
サイズ:21.5、22、22.5、23、23.5、24、24.5、25
カラー:パープル、ブラック、ベージュ、グレー、ブラック2

ずっと(よさそうだなあ)と思っていたので、ネット通販のタイムセールで購入しました。

fitfitトップページへ

fitfitとは

fitfit(フィットフィット)は、履き心地、見た目の美しさを意識して「細身に見える」ことにこだわったお洒落な靴を取り扱っているシューズブランドです。一から設計されたオリジナル木型に合わせたfitfitのソール「3in1ソール」がより良い履き心地を実現しています。

DoCLASSE
DoCLASSEとfitfitで買い物した商品が一緒に届きました

fitfitの通販サイトでのお買い物は、ファッションブランドDoCLASSEと一緒に買うことが出来ます。

数年ぶりにパンプスを履きたい気分になった靴

パンプニーカー

fitfitのパンプニーカーがいいなと思った理由のひとつは、パンプスに感じる煩わしさがなくお洒落な足元ででかけられそうだから

20代の頃はお洒落をするなら我慢してもいい意識でいられましたが、そういった価値観も変わって、靴には「歩きやすさ」「快適さ」を最も重視するようになり、ヒールのあるパンプスは控えるようになっていきました。

スニーカーでも買おうかなあ…という妥協した気分で、スニーカーを探していましたが、やっぱり私はパンプスを履きたかったようで「パンプニーカー」を買いました。

パンプスを履かなくなった時期はなんだか青春が終わったみたいで、でも、このパンプニーカーいいかも♪と思った瞬間に、またパァ~と青春が始まった気持ちです。

ドゥクラッセの創業の想いにあるサミュエル・ウルマンの言葉をかりれば「凍りついたあきらめの日々を老いと呼ぶのです。希望に顔を上げる限り、人はいつも青春を生きています。

履き心地も見た目も妥協しなくていい

(本当はピンクのパンプスが欲しいのよね。試しに買った1足が買ってよかったら、次はピンクにしようかな~)という気持ちになったことが嬉しかったです♬

fitfitのパンプニーカーとは?

私は何を着たらいいのかわからなくなった30代後半の者ですが、40代からの大人服ブランドのドゥクラッセを見ていて、外反母趾にもやさしい靴ブランドのfitfitを見るようになり、その中でも「パンプニーカー」がよさそうだと思っていました。

パンプニーカーって何ぞや?」と思ったのですが、スニーカーのような履き心地のパンプスの商品名です。パンプニーカーの特徴を、発表されていたプレスリリースから4点紹介します。

特徴1:fitfitオリジナルの足なり設計

fitfit(フィットフィット)足なり設計

一般的な靴の木型(青ライン)に比べ、センターラインを親指寄りにしたfitfitオリジナルの「足なり設計」。親指を圧迫しないから外反母趾の足でも痛みが気になりません。

私は外反母趾ではありませんが、自分が履いたことがある一般的なパンプスとは違う作りで、つま先が窮屈ではなさそうだという期待を持ちました。

特徴2:親指側を高く小指側を低く設計

親指側を高く、小指側を低く設計

足指の自然なラインに沿ってフィットするよう、ソールの爪先部分の親指側を高く小指側を低く設計しています。

パンプスを履くことで、今までは足がパンプスに合わせていた状態だったのですが、足に合わせたパンプスの形になることで快適さが増すのではないのかな?と期待しました。

特徴3:3in1スニーカーソール

3in1スニーカーソール

クッション性に優れた弾むような履き心地と、足裏の動きに合わせてしなやかに曲がる屈曲性。2つのクッションとアウトソールがどこまでも歩いていけそうな軽快な足運びをサポートします。

パンプスを履いて長時間立っていたり、歩いたりすることもあるので、快適に動けるのは大きなメリットです。

特徴4:ボロネーゼ製法

足を袋状に足を包み込む製法。硬い中底をなくし、ソフトなモールド底にアッパーを被せることで返りのよさを実現しています。



fitfitのパンプニーカー特集へ

引用元プレスリリース:新インソール「フィットフォルム」を搭載した『バレエスニーカー』や、累計15万足売り上げる人気シリーズのヒール疲れ知らずな一足『フラットパンプニーカー』が、2月中旬より順次発売!
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000089.000007960.html

配色スクエアヒールパンプニーカー

そのような特徴がある、パンプニーカーが私のもとに届きました。
私としては、足が痛くならなくて、歩きやすくて、足元がきれいに見えて、お洒落に見えて、足が長く見えれば、何ら問題がないのですが、こんな希望に応えてくれるのでしょうか。

パンプニーカーの4cmヒール

私はヒールが履きたかったので、スクエアヒールタイプを選びました。
こちらのブラックのパンプニーカーの素材は、底は合成ゴムで、本体部分は牛革です。

3cmでもなく5cmでもなく、4cmヒールのパンプス。
実感ヒール高は約3.0cmと記載されていて、購入前は履いた時のヒール感はあるのだろうと思っていました。

配色スクエアヒールパンプニーカー
4cmのスクエアヒール

履いてみた結果

久々にヒールのあるパンプスを履いて外出した結果、ヒールの靴を履いていることを忘れるような不思議な履き心地でした。ゴム製のヒールは、かかとの感触もふんわり軽くてよかったです。

思った以上に安定感があるし、ヒールがある感覚を気にせず外出できました。

つま先に厚みがある足だと窮屈さがあるかもしれません
かかとがしっかり包みこまれている

足の動きに合わせてパンプスがパカパカすることもなかったので、歩きやすかったです。
サイズは、普段23センチを購入しているので、同じ23センチを選びました。

あまり無理や我慢をすることなく履けるパンプスが見つかってよかったです。
ヒールがありますが、普段履いてもそれほど気にならないほどだったので、今度は明るいカラーが欲しいです。

アイテム詳細

配色スクエアヒールパンプニーカー
素材■050 グレー・089 ブラック2・130 ベージュ・711 パープル:山羊革
■090 ブラック:牛革
本底:合成ゴム
靴幅3E
ヒール約4.0cm(実感ヒール高:約3.0cm)
重量約235g(23.5cm)

知的エレガンスをつま先に。バイカラーのパンプニーカー。
ベーシックなカラーの次に揃えたいのは、着こなしにアクセントを添えるバイカラータイプ。オフィススタイルにも、ちょっとあらたまったディナーの席にも似合う、きちんと感あふれるデザインです。

https://www.doclasse.com/c/category_shoes/fitfit_pumps/83996

新聞広告に「上品さに真っすぐ。歩くエレガンス」という大きな文字と、089ブラック2の着用写真が掲載されていました。

通販で注文する方はこちら
fitfitトップページへ

40代ファッション
スポンサーリンク
スポンサーリンク
RouxRil Mode
タイトルとURLをコピーしました