【感想】専科の保湿乳液「パーフェクトエマルジョン シルキーモイスチャー」

専科

寒さとともに乾燥が気になる今日この頃。
専科の保湿化粧水と一緒にいただいた、保湿乳液「パーフェクトエマルジョン シルキーモイスチャー」を使っています。

専科の化粧水のボトルより、やや小さめサイズの乳液は、肌になじませた後はベタつきにくく、この季節の肌を寒さや乾燥から守ってくれているようです。

資生堂モニターに参加し専科 パーフェクトエッセンス シルキーモイスチャー(保湿化粧水)&パーフェクトエマルジョン シルキーモイスチャー(保湿乳液) を商品提供いただき執筆しています。

スキンケアに乳液は必要派?OR不要派?

専科の乳液

私は、基礎化粧品で、乳液は使わない傾向がある、乳液不要派です。
肌質や考え方にもよると思うのですが、乳液の必要性があまりなく、使いこなせない、使い方がわからないと言う感じ。

日焼け止めも面倒だと思うほどズボラだからというのもあるので、化粧水の後に乳液……という手間と乳液を使うメリットのバランスがすぐ崩れるので、サボります。

パーフェクトエマルジョン シルキーモイスチャーの特徴

専科 化粧水・乳液 容器

専科の乳液「パーフェクトエマルジョン シルキーモイスチャー」の特長は、“みずみずしく輝く 絹のようなさわり心地のシルク肌に導く保湿乳液”。

専科の化粧水「パーフェクトエッセンス シルキーモイスチャー」の後に使えます。

価格帯は、化粧水と乳液を買っても、高価なスキンケア化粧水1本の価格を超えないほど、リーズナブルです。

パーフェクトエマルジョン シルキーモイスチャーの成分

専科の乳液「パーフェクトエマルジョン シルキーモイスチャー」は、無香料・無着色。香りがついておらず、白色の乳液。

専科 パーフェクトエマルジョン シルキーモイスチャー(保湿乳液)

水、DPG、グリセリン、エチルヘキサン酸セチル、ミネラルオイル、エタノール、ジメチコン、イソステアリン酸PEG-60グリセリル、PEG-6、PEG-32、PEG/PPG-14/7ジメチルエーテル、キサンタンガム、ヒアルロン酸Na、セリシン、アセチルヒアルロン酸Na、水溶性コラーゲン、加水分解シルク、ステアリン酸PEG-5グリセリル、ベヘニルアルコール、PEG-400、ワセリン、ステアリン酸、イソステアリン酸、ベヘン酸、ジイソステアリン酸グリセリル、カルボマー、水酸化K、ポリビニルアルコール、EDTA-2Na、ピロ亜硫酸Na、トコフェロール、クエン酸、ソルビン酸K、フェノキシエタノール

成分の特徴
配合されていている保湿成分を、商品特徴を参考にピックアップ。

天然シルクエッセンス: セリシン、加水分解シルク、グリセリン
Wヒアルロン酸: アセチルヒアルロン酸Na、ヒアルロン酸Na
コラーゲンGL: 水溶性コラーゲン、グリセリン

使い方
化粧水の後、手のひらに適量とり、顔全体になじませます。

パーフェクトエマルジョン シルキーモイスチャーを使った感想

専科 パーフェクトエマルジョン シルキーモイスチャー(保湿乳液)

私の肌状態によっては、1年を通して使うことはないですが、乾燥が気になる時にはよさそうだと思いました。

重い使用感の乳液ではなく、さらっとみずみずしいテクスチャーの乳液。
多めにつければそれなりにベタつきもありますが、肌の調子に合わせて重ねつけしたり、薄くのばしたりと、あれば重宝します。

リーズナブルで、1本千円以内で買えるプチプラコスメ。
使わなければ安かろうが高かろうが意味がないため、きちんとケアしている気持ちを後押ししてくれるような、軽めの使用感や、使いやすい容器は、いいなと思います。
しっかり使い続ける人向けに、つめかえ用も販売されています。

スキンケアにかける予算を抑えたい時の候補のひとつだと思いました。

専科 パーフェクトエマルジョン シルキーモイスチャー (保湿乳液)

専科 パーフェクトエマルジョン シルキーモイスチャー (保湿乳液)つめかえ用

<コスメデータ>
パーフェクトエマルジョン シルキーモイスチャー
資生堂 専科/保湿乳液
内容量: 150mL/販売価格:994円(税込)
発売日:2016年9月21日 日本製
つめかえ用:180mL/821円(税込)

※資生堂のブログリポーターに参加中です。

関連カテゴリーはこちら
化粧水・乳液
資生堂
この記事を書いた人・サイト運営者
もかり

もかり(
30代、京都在住の娘2人の母。人柄が「昆布みたい」と大絶賛されたことがあるハンサムとお笑いとお寿司と自然と動物が好きなオカンです。
プロフィールはこちら

Google+
公開日:2017年10月28日
更新日: